気が向いたもののイラストを気ままに描き残す場所。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工程バトン:線画まで
サクラさんとこからぶんどってきた工程バトンです。
ちょうどいいのでメイキングになってない
メイキングっぽいのにしてしまおうと思います。
当然のようですが画像大量なので気をつけてください(・ω・)
では続きからどうぞー。
と、バトンの前に作業環境というかそんなもの。

・使用ソフト SAI 原則最新版。
 正直これじゃないとまともなの描けねーです。
 他のペイントソフトあまり試してないけど。
・ペンタブ WACOM FAVO CTE-440(640?)
 特にこれがいい、って訳じゃなくアマゾンで目に付いただけ。
 1万円なりー。まぁ少なくとも悪い買い物ではなかったと思います・・・
・作業用BGM ニコニコ動画


 どっちも10代後半~20代辺りの人にオススメだよ!
 特に20~25歳辺りがクリーンヒットだと思います。
 なおどちらもうp主コメにあるようにシリーズものなので
 全部流せば10時間ぐらい持ちます。


さてそれじゃバトンに入りますね!
ちなみに大抵サムネ処理してますがクリックで原寸で見れます。
全体的に重いのでお勧めはしません。

【工程バトン】
・下絵を公開してください。

ラフ
下書き合体

上がラフ+画面全体、左下が下書き、右下がラフ表示した下書き。
ラフというかネームから普通に下書き描きます。頭沸いてますね。
なおラフネームを見てエ□く感じたらきっとアウトです。

前はスキャナで取り込んで塗ったりもしましたが
使えるようになってからは完全にSAI頼りですねー。
乗算じゃないとまともに塗れないのがやりづらくて仕方ない!

それと普段のキャンバスサイズは1400×1600の130dpiです。
700×800でもいいんですがなんとなく・・・


あ、ウィンドウが右側にありますがこれは癖というか
Pixiaの影響で右側に色とかおいた方がやりやすいんです。
ついでにその色ですが
色彩
やりやすいように特に使う色は記録してます。
乗算で塗ればいいんですが思い通りの色ができなくて・・・(´・ω・`)
後は色彩変更使えば大抵の色は作れますはい。



・ペン入れで気をつけていることは?

基本的にペン入れツールは使ってません。
直線ややりづらい曲線にペン入れツールを使うことはありますが
基本的にフリーハンドです。円ツール欲しいです円ツール。
あと手振れ補正は13、もはや補正に頼って生きてますね通行人A。

なのでペン入れはパーツ毎(肌・服・髪etc.)に別レイヤー使って
下書きをなぞるだけ。
ね?簡単でしょ?
レイヤー分けの理由は修正が楽&線の色変えがやりやすいため。

ちなみにレイヤー番でどのパーツか覚えるので(肌→1、髪→2etc.)
下書きやラフは名前変更しておきます。
他のレイヤーは一々名前変更してたら体力が持ちません。
線画線画レイヤー
目は一応簡単に塗りつぶしてます。
どうせ後で消すんですがイメージとかあるので。
あと猫の髪は前髪と後ろ髪で別レイヤー(・ω・)



さて、次は本格的な着色です・・・が、
長引きそうなので記事を分けまする。
続きはこちら。

Comment

 秘密にする

Copyright © 徐行. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。