気が向いたもののイラストを気ままに描き残す場所。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボキッ・・・?
今日の朝、なんとなく指をポキポキ鳴らしていたら左手の小指が外れたような
いやーな感覚とちょっとした痛みがあったんですが・・・どうも、通行人Aです!
まぁもう痛みも違和感もないですし多分大丈夫でしょうが。なんか気になる・・・


それにしても今日はやたら眠かったです。というか現在進行形で眠いです。
確かに徹夜したけど昨日・一昨日とかなり寝てたから平気と思ったのにな・・・
ちなみに何で徹夜してたかというとトリスタやってたから・・・ではなく。

音ゲー三昧でgdgd起きてた後そろそろ寝るか、とは思いつつも
なんとなく某フリゲ紹介サイトを見に行ったら面白そうなゲームを見かけまして。
安楽椅子犯人
こちら、安楽椅子犯人様の「湖岸の盲点」!
なおどうもサイトが不安定のような気が・・・503エラー多し。


要は犯人側の視点で犯行が行われてから探偵がどう推理するかを楽しむという
コロンボや古畑任三朗のような倒叙型ミステリーサウンドノベルです。
それ自体はいたって普通なミステリー小説ですが
今の段階では問題編しか公開されておりません(・ω・)

面白いと思ったのは「読者への挑戦」と称して
解答編が公開される前に「犯人が犯した4つのミスが何か」
実際に推理してもらうという点。
更に推理が正解した人の中から抽選で賞品まであるとの事!
HAHAHA賞品に釣られただなんてまさかそんな


冗談はさておき、実際に読んでみてとても面白い暇つぶしになりました。
何がいいって「あれ?ここおかしくね?」と一応判断できるレベルだったこと。
もっとも違和感を感じた点がミスとして正しいかはわかりませんが。

作者様方も「読者に解かれない推理小説」ではなく
「読者が考えれば解ける推理小説」を目的としているようでして、
俺みたいにわからんとすぐ諦める人間にはありがたいものでございまするー。


ちなみに通行人Aは一応4つのミスを推理してメール送りはしましたが
もう既に間違ってる予感がプンプンしているのと
何よりも主人公とも言える犯人役の名前を間違えてた(○芦国×葦国)

という事で・・・期待はしてません(ノ∀`)
わかれば簡単そうだけど見逃すと気付かないようなミスなんてあったっけ・・・?

まぁ皆さんも興味が湧きましたら推理ゲームをやってみてはいかがかな!
なお推理メールの締め切りは8月11日頃だそうなので注意。



さて、そんな感じで今日も落書きは・・・
そろそろ描かないとなぁ。いろいろと。うん、いろいろと。
でもなー・・・気力が出ないんだよなー・・・それでは、通行人Aでしたー・・・


※いつの間にか23kHITも近いからカウンターの確認よろしくNE☆
スポンサーサイト
Copyright © 徐行. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。